当社は社名の変更を発表することについて興奮しています。これは当社の建材業界におけるリーダーシップ、専門性やイノベーションにおける高い水準を強く前に押し出す、ブランド確立戦略の一環としての改名です。今後、WTS Paradigmは Paradigmになります。

当社のCEOであるNathan Herbstはこの改名における概念について、「Paradigmという言葉は『モデル』と定義されます」と説明しています。「そして当社の新ブランドは、建材業界のモデルになるという我々の目標を反映しています」と。

彼はこう続けます。「これまで20年もの間、当社は建材業界へテクノロジーソリューションを提供してきました。大規模なグローバル企業あるいはローカルの中小企業がビジネス上の難関な課題を解決するために手を差し伸べてきました。当社がお客様から得てきた信頼は、当社が日々彼らのために献身してやるべきことを果たしてきた証です。その献身がParadigmという名に値するのです。」

この新しい名前に加え、当社では看板製品を利便性良くつながりを持たせ、その製品名も Paradigm OmniParadigm Nexus へ変更します。

  • Paradigm Omniは製造業者および小売業者向けの、クラウドを利用したウェブベースの設定、見積りならびに販売のソリューションです。
  • Paradigm Nexusは建材業界に特化して設計された企業資源計画 (ERP) ソリューションです。

Paradigm Omni とParadigm Nexusを併用することで、スケジューリング、購買、製造、出荷および請求がシームレスに統合され、設定業務と請求業務をまとめて行うことができます。さらに、Paradigm Omni パワーアップアイテムParadigm Nexus パワーアップアイテム と言ったオプションを各ソリューションに追加することで、設定、見積やプロジェクト管理をより向上させカスタマイズすることが可能です。

「当社では、お客様に利益をもたらす破壊的テクノロジーを通じて建材業界に革命を起こそうとしています。」とHerbstは述べています。「その名のとおり、これらの製品とサービスが業界のモデルとなるようこれからも邁進してまいります。」